失敗しない開業時の集患対策 ~小さなクリニックが広告費を抑えて効率良く集患する方法~ Dr.開業コンシェルジュ

今回のテーマは
「小さなクリニックが広告費を抑えて効率良く集患する方法」です

ホームページ制作・マーケティングデザイナー
川崎加奈子(Monica web 代表)

古谷鉄夫(江戸堀サンテクリニック 院長)

Dr.開業コンシェルジュ「小さなクリニックが広告費を抑えて効率良く集患する方法」

小さなクリニックこそ、今回のテーマ試していただきたい
その戦略は「競争しない戦略」です

なるほど

まず、専門型治療で競争しないという方法があります

ドクターにとって得意な治療、患者からニーズの高い治療など、
色々あるかと思います

そうですね

得意分野の治療を専門分野として打ち出すことで、
大手と差別化できます

また、その治療を必要としている患者さんを
効率よく集患することができます

例えば先生でしたら、大手の美容外科にお勤めでしたので、
女性向けの美容皮膚科や漢方治療などの得意分野がありますよね

そうですね

そういった特定分野の治療を
顧客ニーズ・収益性・競合などの視点から

どの治療を重点的にするかを
考えていただきたいのです

先生は、戦略的に専門性とかは?

そうですね、基本的に私は美容をしたいので
美容皮膚科の患者様に来てほしいと考えていました

女性向けターゲットに絞って、
得意な治療を勧めていたのですね

戦略が当たって、今はもう人気のクリニックに・・・

いや、そういう訳でも無いんですけどね
なかなか・・・

そうなんですね
まだまだ、これからですね

そうです

歯科の方で歯科恐怖症の方向けの

「麻酔治療の充実した歯科医院」
という打ち出し方のホームページがありました

特に歯科恐怖症の方は悩みが深く、
酷い方は震えが出たりとか

精神的に凄くナーバスになってしまうという方も多く
そういう方は悩みが深いので、

麻酔特化を打ち出した歯科医院は他に無いので
絶対行きたいという動機がとても強くなると思います

多少遠くても、行きたくなるはずですよね

そうですね、良くわかりますね

歯科医院って近い場所に行く傾向が多いですが
専門化を強調すると遠い所からも来てくれる

そしてライバルを減らす事ができる

そうですね、それも良くわかります

患者さんからすると選択肢が減るので、
選ばれやすくなりますね

そうですね
他に無ければ選びようが無いですからね

とてもメリットがある専門性だと思います

そうですね、良くわかります

ただ、ご自身の専門分野を見つける時に
気を付けていただきたいのが

ライバルが多すぎる治療は避ける、ということです
詳しくは調査しないとわかりませんが

例えば歯科医院ですとインプラント治療は
ライバルがとっても多い治療だと思います

はい、確かにそうですね

ライバルが溢れていますし、
ライバルが多いと価格競争や広告合戦に陥りがちです

経営者目線で見ると、
どちらも巻き込まれたくないものです

そうですね、確かにそうなんですけども

私たち医療もそうですが
歯科も、もっとそうだと思いますが、

価格よりも本当にいいものなのかどうか
良くわからないんです

私たちにもわからないので、
一般の方は、もっとわからないと思います

そうだと思います
差別化というのが、医療ガイドライン的にもできないので

そうですね

差別化ができないとなると、
価格で選んでしまうという方も多いのではないかと思います

価格で選んで後で後悔するといかですね
大変な事になると、更にお金がかかりますよね

そうですよね
また別の医院に行かなくてはならなくなってしまったり

ですので、ライバルの多い市場は避けていただいて・・・

小さなクリニックが真正面から立ち向かえば、
忙しいのに利益がわずか…

クリニックが疲弊する原因になる可能性が高いです

わかります、そうですね

そのためにも、ライバルが多すぎない市場を
狙うことは非常に重要なことです

あともう一つ、競争しない戦略としては立地も重要です
先生はどうして今の場所を選ばれましたか?

それを言われると困るんですけども
私はできるだけ物件を安く済ませたかったので

創業の時に普通に商業物件を探すと、
保証金などが10ヶ月分等が当たり前で凄く高いので

そのコストを下げたくて、民間の家やマンションで
安く借りれる所を探しました

たまたま一戸建てが見つかったので
場所をあまり考えずに選びました

ですけども、先生の開院されている場所は
周りに大手なども、被るような

そうですね、これは、たまたまなんですけども

とてもいいと思います

皮膚科も周りに全く無くてですね

そうですね、少ないですし、駅から少し遠くても、
わざわざ来てくださる方が多いという事で

いい場所だと思います

この「場所」なんですけども
こちらもライバルの少ない所を選ぶのが大事です

私が過去にホームページを制作させていただいた
エステで立地的な戦略が成功したケースがありました

こちらのエステさんですが、
関西の高級住宅地で開店されたのですが

そのエリアでは、競合となる大手エステが無く
顧客層が時間とお金に余裕のあるマダムが多く

それは、いいですよね

小さなサロンが開業するには、とても良い立地でした

そのサロンのホームページですが、「エステ 地域名」で
長い間Googleの1ページ目をキープできていました

他にないですからね

そうなんです、ライバルが少なければ
地名検索で上位表示が結構簡単にできます

これが例えば、「難波」や「大阪」だと競合が多すぎるので
小さなサロンが上位表示するのは大変難しいです

かなりの費用と時間がかかるので、
現実的ではありません

確かに、かなりSEO対策しないと、
上がってこないですよね

Google検索対策の視点から見てもライバルが少なく、
良い客層がいそうなエリアを選ぶ事は非常に重要です

はい、そうですね

開業される前には、ライバルが多すぎないか?客層はどうか?
というのは充分注意しながら店舗を探すようにしてください

次つくる時に、また考えます

はい、そうですね

そうですね

なかなか、一度開業されると引っ越しは簡単にできないので
時間をかけて・・・

やっぱり2店舗目,3店舗目とかエステであれば・・・
医院でも2院目,3院目つくる先生もいますので

そういう時には考えた方がいいかもしれませんね

はい、時間が少しおありかと思いますので
じっくり検討して、探される事をオススメします

はい

はい、以上になります
ありがとうございます